画像

札幌市有料老人ホーム高齢者住まいのサポートセンター

アクセスカウンタ

特別養護老人ホーム
介護老人保健施設
指定介護療養型医療施設
グループホーム

札幌市 高齢者住宅・有料老人ホーム一覧
中央区 北区 東区 白石区 厚別区 豊平区 清田区 南区 西区 手稲区

zoom RSS いやな言葉だが老後格差とは?

<<   作成日時 : 2013/02/18 15:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


インフレが招く恐怖の老後格差から身を守る4つの方法

女性自身 2012年12月23日(日)8時6分配信



新政権の”デフレ脱却”政策で、目標の物価上昇率2%ともいわれる、来るべきインフレ時代。そうなると「住宅ローンを抱えたり子どもの教育費がかかってくる40代と50代、そして働けない高齢者にとっては、生活破綻となるケースも」出てくると、生活経済ジャーナリストの柏木理佳さん(43)は語る。そこで、柏木さん、ファイナンシャルプランナーの花輪陽子さん(34)、経済評論家の平野和之さん(36)が、今からできるその防衛策を4つ伝授してくれた。

【年収の3割を貯蓄へ回す】

「節約疲れのピークですが、少なくとも年収の1割、できれば3割は現金でストックしておきたい。物価上昇後から給料に反映されるまでに、年単位の期間を要することも予想されます」(柏木さん)

【タンス貯金はやめて、まずは金融機関で貯金】

「インフレに強いのは、金融機関の普通貯金なんです。物価上昇率よりは低くなりますが、それに合わせて金利も上がりますから」(花輪さん)。絶対に避けたいのはタンス貯金。「インフレ下では、タンスの中ではお金の価値がもっとも目減りします。まずは金融機関へ、できれば投資を心がけましょう」(平野さん)

【住宅ローンを固定金利に】

インフレになれば借金も増えて返済が厳しくなる。その最たるケースが変動金利の住宅ローン。「変動金利は半年ごとに見直しがあるので注意が必要です。バブル期には5.5%の金利が、いっきに8.5%まで上がったこともあるんです。10年、15年の長期固定金利でも1%台の低金利時代。今のうちに、なるべく長期間の固定に切り替える。半分を変動にするなどの工夫をすることが大事です」(花輪さん)

【公的年金をあてにせず、金融商品の検討を】

物価に合わせて年金給付額もスライドするはずの年金。でも100%あてにはできない。そこで貯蓄や資産運用を考えるべきだと花輪さんはいう。「インフレ時は一般に株式も強くなります。そのためにもしっかりと現金を銀行口座にためておき、金利の推移を見ながら、将来的には一部を日本株や外国株の投資にまわす防衛策が必要です。初心者にはリスクを分散させるためにも、個別株ではなく幅広い銘柄を押さえられる投資信託などがおすすめです」
.

【関連記事】

65歳定年制の落とし穴「『気づかず定年』にされる場合も」
パート勤務妻 家庭で発言力が強まる年収は「300万円以上」
パート収入130万円の壁崩壊で「働く主婦が二極化時代」
年末年始にお金を使わない秘策「お年玉は図書カードに」
島田秀平が厳選「2013年おススメ」最新パワースポット1

最終更新:2012年12月23日(日)8時6分

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20121223-00000302-jisin-soci
画像

テーマ

注目テーマ 一覧

画像

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

リンク集

画像
いやな言葉だが老後格差とは? 札幌市有料老人ホーム高齢者住まいのサポートセンター/BIGLOBEウェブリブログ
画像
画像
画像
画像
文字サイズ:       閉じる