高齢者住宅のプライバシーと安心

プライバシーと安心ってある意味、相反する物なんですが、両方を求めてくるところが何ともですね。

しかし、こういった対応をしている高齢者住宅もありますので、興味のある方はご連絡ください。

ご紹介します。

以下ご参照ください。

高齢者住宅は「プライバシーと安心が重要」- 学研ココファン・小早川社長

高齢者住宅の運営などを手掛ける学研ココファンホールディングスの小早川仁社長は7月26日に講演し、今後の高齢者の住まいについて、プライバシー保護と安心感の両方を兼ね備えることが重要との考えを示した。新社会システム総合研究所のセミナー「高齢者住宅・施設ビジネス最前線」で述べた。

 小早川社長は、2025年に75歳以上になる団塊世代の高齢者について、「目の肥えた自分の感覚で商品を選ぶようになるし、趣味・嗜好を主張するようになる」と指摘。高齢者を対象とした同社の意識調査で、「夜間に居室内に入って来ない住宅」や「24時間人が常駐し、緊急時に対応してくれる住宅」への住み替えを希望する回答が多かったことを挙げ、今後の高齢者の住まいは「プライバシーと安心・安全の両方を兼ね備える物件がキーワードになる」との考えを示した。

 また、高齢者の住まいの供給状況をめぐっては、富裕層向けの高級な有料老人ホームと介護保険3施設が中心で、平均的な厚生年金受給者らを対象とした住まいが少ないと指摘。その上で、「ライフスタイルや経済状況、趣味・嗜好によっていろいろなものがあるのが当たり前のマーケット」と述べ、平均的な所得層を対象とした多様な住まいの整備の必要性を強調した。

 このほか、同社の高齢者住宅の開設計画については、「(高齢者居住安定確保)法改正を踏まえ、今後1年間で20棟(を開設する)。それを10年間続けていく」との方針を示した。

■日本介護福祉G、都心で通所介護の新ブランド

 宿泊サービス付きの小規模通所介護事業所「茶話本舗」をフランチャイズ展開する日本介護福祉グループの斉藤正行副社長はこの日のセミナーで、都心部のオフィスビルなどを活用したテナント型の通所介護事業所「エルクラシコ」を新規開設する方針を示した。一般の民家を活用する茶話本舗とは異なる新ブランドで、「年度内に都内で数か所をオープンさせる」(斉藤副社長)という。

 また、同社の今後の事業計画については、「おおむね2-3年で、(フランチャイズの)新規の加盟をストップしていく」と述べた。既存の加盟事業者による新規開設に軸足を移すもので、事業所の質の担保が狙い。

.
【関連記事】

高齢者住宅の在り方めぐり議論 - 介護給付費分科会
サービス付き高齢者住宅の登録基準案を公表 - 国交省と厚労省、パブコメを募集
有老ホームや高専賃の契約で意見取りまとめ - 事業者団体の研究会
有老ホームなどの入居一時金も月額表示を - 高齢者集合住宅研究大会
日本介護福祉G、高齢者住宅参入へ - 来年度中に3-5棟開設

( 2011年07月26日 21:08 キャリアブレイン )

学研ココファン(小早川仁社長) 初の学習塾との複合型高専賃
2010年03月28日15時43分

(コンテンツ提供:高齢者住宅新聞2010年3月5日号)

UR賃貸住宅の建替えで建設(東京都品川区)のもっとも新しい高専賃が、今月オープンの「ココファン日吉」(神奈川県横浜市)だ。
独立行政法人都市再生機構(以下UR)が、南日吉団地の建て替えに伴い発生する土地の有効活用策についてのコンペを実施、学研ココファンのプランが採用となり建設された。
学研ココファンホールディングスがURより土地を定期借地契約を用いて賃借して建物を建設、学研ココファンが借上げて運営している。
 建物はL字状をしており、1辺が要介護者向け高専賃と、ショートステイ、デイサービスセンターなどからなるA棟、もう1辺が、自立向け高専賃などからなるB棟となっている。
両棟は建物内で行き来が可能だが、B棟入居者には専用の入り口エレベーターがあり日常の動線は重ならないようになっている。
他に、クリニック、調剤薬局が設けられる予定だ。

 学研ココファン

近隣住民との交流促進が条件

 特徴的なのは、1階に学習塾(学研教室)が入居している点だ。
これはURが実施したコンペの条件に「近隣住民が利用できるような施設を設け、交流促進を図ること」があったことによるものだ。
 学研ココファンホールディングスの事業会社の中には幼稚園・保育園の企画・開発・運営を行う学研ココファンナーサリーがあることから、学研ココファンでも当初は幼稚園ないし保育園の開設を計画していたが、すでに他の事業者が近隣で開設しているため、学習塾となった。
 高専賃と学習塾との間では動線がまったく別ということもあり日常的な交流は行われないが、高専賃やデイサービスで行う行事などには学習塾の生徒および近隣の保育園・幼稚園の利用者などを呼び、相互交流を図る。
 なお、学研ココファンでは、今後開設する高専賃については、すべて今回と同様に高専賃と、高齢者以外を対象とする施設の複合型にする考えだ。
 なお、2月18日にはココファン日吉の落成を記念したセミナーが行われ、およそ60人が参加した。
セミナーではNPO法人高齢者社会をよくする女性の会の樋口恵子理事長が、「ついのすみか、どこがよいか安心か」をテーマに講演を行った。

<物件概要>
名称:ココファン日吉
住所:神奈川県横浜市港北区日吉本町4-10-50
家賃:13万5850円~22万8050円(自立タイプ。共益費・サービス費込み)
敷金:賃料の2ヶ月分
参考リンク:来春横浜市に適合高専賃、デイ・学習塾併設・・・学研ココファン
      :オープン情報 学研ココファン
      :学研ココファン(小早川仁社長) 2月18日横浜の高専賃で 樋口恵子氏招き講演会
      :学研ココファン(小早川仁社長) 高専賃年間10~15棟ペースで開設 都の助成等で事業拡大に追い風